また、IKEAか!

スウェーデン発祥の世界的家具屋の"IKEA"がレストランにて、またユニークなイベントを開催しています。

穏やかな夏の夕べのお祭り

ザリガニウィーク

イケアでは、スウェーデンの夏の恒例行事として、期間限定のザリガニウィークを開催。真っ赤にゆであがったザリガニやムール貝等がセットになったザリガニプレートを500円で発売。11日間の期間限定メニューをワンコインで楽しめます。

期間:7月30日(木)~8月9日(日)

IKEA公式ページより

・・・ザリガニ?

そうです。ザリガニ

image

ほら、IKEAのレストランに行くとこんな撮影スポットがありました。嘘じゃないです。

パネルにあるように今回行ったのはIKEA立川。行った日は7月31日の仕事帰り。この後に映画を見るつもりだったので、「ザリガニ」だけを目指してレストランに行きました。

ザリガニのインパクトに舞い上がってしまった・・・。

image

そして、レストランにて500円にてザリガニプレートを購入できるわけですが、ここで注意してほしいのが

「500円でこの写真のお皿の分だけ」ではありません

ということ。

「ザリガニだなんて滅多に食べるものじゃないからたまには非日常に対しての500円なら高くないんじゃないか」とか思って、このお皿分だけを持って会計のところに行くと

「・・・実はあと2皿付いてきますので」

と言われます。

そうなんです。ザリガニを食べる!ってことに舞い上がりすぎてあと、2皿取り忘れてしまいがちです(「二種類のブレッド」と「ディルポテトとコーン」の2つ)。

同じように取り忘れていた人は、少なくとも自分の前に1名。後ろに2名居ました。

あまりにも多発したようで、「今からスタッフが取りに行きますのでここでお待ちを」ということで、無線を駆使して専属であと2皿を持ってきてくれる人を配置していました。

なんだか申し訳ない気持ちになるし、自分に場合は「ボリュームが微妙だな」と思ってカレーライスも入れていたので、2皿加わった瞬間「この人めちゃくちゃ食べるんだな」と思われそうで恥ずかしい気持ちにもなります。

説明書きはしっかり読みましょう!

食べ方も覚えられる

レジの横には今回のイベントに合わせて食べ方の指南書が置かれていました。

image

カニのようなエビのような風貌のザリガニはぱっと見の食べ方がよくわかりません。

こういう解説があると、戸惑なく食べられて嬉しいです。

image

そして、注目したいのが「7.」の解説。

  • 味噌の部分を指で掻き出せ
  • 頭部をチューチューと吸って

こういうの好きです。世界的企業のIKEAが「チューチューと吸って」と言っているのを見ると、また今度のイベントが楽しみになります。

感想は?

さて、味はというと・・・。

ちょっと身が小さくてイマイチ食べた気がしなかったです;;;

いや、食べることができた部分は間違いなく甲殻類の味がして、美味しかったです。

実は次に映画を見る予定が控えていたために身をズイズイほじって食べる時間があまりなかったので、身にありつく前に諦めてしまいました。ちょっと勿体無いことしたなぁ。

なので食べに行きたいと思っている方には、ぜひともじっくり時間をとって挑戦にしていただきたいです。

image

ちなみに今まで行ったことがあるIKEAストアは「船橋」「新三郷」で、これが3軒目の訪問でした。

訪問済みの2軒と比べると店内のレイアウトが微妙に異なり一瞬「レストランはどこだ!?」となりかけました。

今回はザリガニを食べるのにも慌てながらになってしまうくらい時間がなかったので、今度来たときは店内をじっくり回りたいです。

関連リンク

IKEA公式ページ

ザリガニウィークについての詳細は公式ページをご覧ください。