Yaitako.blog

日々のメモ

東京駅の新幹線乗り場の自販機の違和感とは?

この前、京都に行ったんです。その時に初めて新幹線の駅のホームで時間潰してる時に見慣れない自販機を見かけたんです。


なんだか妙に幅が広い(色合いのせいでそう感じるだけ?)自販機。
この違和感はなにかなーっと思ったら、

電子マネーマルチ対応だった。


ここ、電子マネーのタッチする部分が交通系ICカード広域対応版でした。
一番上に書かれているのはなんと"TOICA"。そりゃ京都へ行くための新幹線はJR東海の管轄のホームになりますからね。
その下にSuica・ICOCA・PASMO・manaca・・・・ おそらくJRの関わる交通系ICカードを網羅しているんだと思います。
もしかしたら、JR東日本圏内のニューデイズなんかは同じラインナップ抑えているかもしれないですけれど、さすがは新幹線のホームなだけあって「どのカードも使えます」というのが強調されています。

で、さらに気になったのが・・・

JR東海のICカードのキャラクター?



なんだ?このキャラ? ひよこ?

JR東海の公式サイトを見ても情報がなかったので、wikipediaを見てみると・・。

公式マスコットは、大野真弓のイラストによる大小2羽の「ひよこ」で、正式名称並びに愛称はついていない。この「ひよこ」は記念カードのデザインに起用された他、現在ではグッズが配布・販売されている。
TOICA - Wikipediaより 2015年6月29日参照

やはり、「ひよこ」だった!
そのまんま。

そのひよこを見届けたあと京都駅について、乗車券をそのまま使って「宇治」駅に行くと改札近くにはこんな端末が。

JR西日本のICカードはカモノハシ


IC乗車券のチャージャー(入金機)のようです。
で、気になるのが筺体に描かれているキャラクター。

どうやら、こちらはちゃんとキャラクター名があるようです。

イメージキャラクターはカモノハシをモチーフにした「カモノハシのイコちゃん」。 「ICOCAでいこか〜タッチしていこか〜」、ICOCA電子マネーサービスには「ICOCAで買おか〜タッチして買おか〜」というキャッチフレーズがあり、テレビCMやパンフレットなどで仲間とイコちゃんが呼び掛けている。
ICOCA - Wikipediaより 2015年6月29日参照

「イコちゃん」!
いい名前だなぁ。

JR西日本のウェブサイト上にはこのイコちゃんの壁紙などがダウンロードできるみたいです。(J-WESTというサービスの会員になる必要があるようです)

やはり、東日本圏内にいると、別のJR圏内のは全く知らなかったキャラクターばかりですね。

今度、もうちょっとJR全社の対応しているIC乗車券分布などを調べてみようかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット