Yaitako.blog

日々のメモ

音楽ゲームアプリ"Deemo"とは?

"Deemo"というアプリをご存知でしょうか。

実はiOSのアプリストアで音楽ゲーム部門にてトップを上位を走り続けている人気アプリでして、結構いい曲入ってる音ゲーなんです。

ただ、有料アプリで買った時には確か200円。(為替の変動で今は値段変わっているかも)・・・有料となると心理的ハードルは高いと思うのでApp Storeでのレビューだけでなく各種アプリ情報サイトでのレビューも評価が高いので、まずはそれらレビューを見てください。

で、

その"Deemo"なのですが楽曲を提供しているアーティストの中に「VK克」という方がいます。

ゲーム内でも序盤からプレイできる楽曲がいくつかあり、「Deemoと言ったらVK」くらいに思っている人も多いはず。

台湾のピアニストで日本の音楽シーンには登場しておらず、公式ウェブサイトも中国語と英語のみとなっており、なかなか得られる情報がありません。

iTunesでも曲が買える

そんな情報が少ないVK克なのですが、iTunesにはひと通りのアルバムがおいてあるようです。

2015-05-26-23-08-27

というわけで買ってしまいました。アルバム名は『笫三樂章』

楽曲名が見事に漢字だらけ!

Deemoでの感動をフルで

1曲目には"Deemo"をプレイした人には馴染み深いであろう "Evolution Era"

2015-05-26-23-01-51

3分47秒ということはフルバージョンで聞くことができます。

Deemoのアプリ自体「ヘッドホン推奨」で音質にはこだわりを感じるアプリなのですが、これがフルバージョンとなるとたまらない。

ところで、ジャケットには"the 3rd Movement"という英語表記があるので、もしかしたらUS版のストアで販売がされていたら楽曲名は英語表記なのでしょうか。

今度調べてみよう。

2015-05-26-22-51-08

ただ、繁体字表記の字が並ぶアルバムって他には絶対ないので、これはこれで特別感があって良い。

2015-05-26-23-02-34

アルバムの最後もDeemo収録曲「逆動・平行時空」

アプリ内での楽曲表記は"Reverse - Parallel Universe"

まさに逆動する空間を駆け巡るような躍動感のある曲です。漢字表記のほうが雰囲気が出ているかも。日本語にしても「リバース・パラレルユニバース」くらいにしかならないだろうし。

Deemo収録曲以外も合わせて14曲

その他、おすすめは5曲目の『戀愛賞味期』

AmazonのMP3ストアで調べてみたところ英語表記は"Freshness of Love"

ゆったりとした曲でピアノと弦楽器の旋律のハーモニーが美しい。

あとは6曲目の『到不了的地方』

同じくAmazonのMP3ストア調べで英語表記は"Anywhere Somewhere Nowhere"

こちらも躍動感のある曲でDeemo収録曲かと思っていたのですが、違いました。

説明書きに「電影《到不了的地方》配樂」と書いてあります。映画作品の楽曲のようです。

映画のデータベースサイトIMDbで『到不了的地方』("Anywhere Somewhere Nowhere")を見ると説明には

Lee and his friend plan to travel round the island of Taiwan when they both face their biggest challenges in life.

IMDb

二人の主人公が困難を前にして旅に出るようです。(・・・情報が足りない!)

確かに速いテンポの中にもどこか憂いのあるメロディが印象的な曲で、心に残ります。


そのほか全14曲が収録されており、Deemoを知らなくても純粋にピアノをメインとしたインストゥルメンタル楽曲のみで、緩急合わせたイージーリスニングとしても楽しめるはず。

正直なところ中国語表記では言わんとしていることは理解できないところもあるかもしれませんが、それでもDeemoに楽曲提供などをして、ゲーム音楽を得意とするVK克の幅広い世界観を知ることができるいいアルバムだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット