北日本に大雪が降り、関東でも天候の悪化が懸念されていた先週末、六本木の東京ミッドタウンにある21_21 DESIGN SIGHTへ行った

21_21 DESIGN SIGHTでは現在、企画展「活動のデザイン展」が開催されておりそれを見に。

ちなみにミッドタウン・ガーデンでは2014年12月13日(土)~25日(木)の期間クリスマスイルミネーションが行われていて、混雑の混乱を避けるための通行規制がかかっている。その為、六本木駅から歩いて商業施設のガレリアを抜けて、ミッドタウン・ガーデンに入るという最短ルートで21_21 DESIGN SIGHTに着くことができない。

乃木坂駅の方まで回り込んでからミッドタウン・ガーデンに入る必要があるので注意が必要だ。

※最新の情報は東京ミッドタウンの公式ページへ


さて、ミッドタウンガーデンに着く頃には雨が降り始めたので、急ぐように会場へ。

雨が降っていたこともあってか、人はわりと少なく比較的落ちついて見ることができた。


人々の思いが込められた「酵母」や、


用途に応じてデザインされた「取っ手」にフォーカスした展示など種類は様々

中でも一番興味を持ったのは 「修理・修繕で誰かの課題を解決する活動」 "Fixperts"プロジェクトの紹介。

例えば、「移動図書館車の段差の手すりのところで児童がぶら下がったり、座ろうとするなど遊んでしまい危ない」という課題に対して、

「手すりにロープを掛けて面を作ってしまうことで、遊べなくする」という解決策だけではない。

『手すりに手の届かない大きさの児童でも手が届くようになる』『無機質だった手すりがカラフルなロープで彩られることでオシャレなデザインになる』となるという結果を導き出す。そして、それらは大規模な工事をするのではなく必要最低限の材料を調達して創りだす、まさに DIYを体現しているのである。

ITベンチャー企業の株式市場上場のニュースが頻繁に話題になる最近にあって、このアナログ感がなせる業には感動した。「自分にも何かできることはないか」と思考を巡らせてしまう。

この他にも多数の Fixpertsプロジェクトが映像とともに紹介されていた。

また、 Fixpertsは世界中で行われているプロジェクトである。それらは総合サイトにまとめられており、見ることができる。英語のサイトではあるが、映像にまとめられているのでわかりやすい。

その他、「活動のデザイン」展には Fixperts以外にも合わせて24組もの作者・組織による展示がされている。

様々なデザインが社会に対して影響を与える例を見ることができる。

2014-12-20-17-17-52

2014-12-20-17-35-19

2014-12-20-17-40-04

2014-12-20-17-41-49

東京ミッドタウンの人の流れが完全にクリスマスイルミネーションに向かってしまっているこの時期に、企画展で社会におけるデザインの役割を考えてみるのもいいかもしれない。




関連リンク

21_21 DESIGN SIGHT

企画展「活動のデザイン展」

Fixperts

Make Japan Fixperts:修理とは考え方なり
※ Fixpertsの特集をした Make:Japanの記事。各プロジェクトが映像とともにわかりやすくアーカイブされている理由についてなど書かれている

ミッドタウン・クリスマス2014|東京ミッドタウン

イルミネーションの混雑についてのお願い|ミッドタウン・クリスマス2014|東京ミッドタウン
※通行規制についてこちらに書かれています。