映画館で映画を見たときは必ずパンフレットを買うようにしていて、今回も忘れず購入。

ページ数は全部で48ページ。価格は820円。

映画館で買えるパンフレットは二つの価格帯があって、720円と820円の二つある。

今回は820円と高い方の価格なだけあり、充実の内容。

まず開いて4ページ分は作中ビジュアルがいくつか並び、「こんなシーンあったな」と作品を振り返る。(ちなみにそのシーンのセリフが英語で書かれているのがさらに雰囲気を醸し出している)

パンフレットお決まりのあらすじと登場人物の関係相関図は割と小さめのフォントで書かれており情報量が多く、本作のように複雑なストーリーの作品のパンフレットとしては嬉しい内容。

監督:クリストファー・ノーラン、クーパー役:マシュー・マコノヒー、アメリア役:アン・ハサウェイのインタビューはしっかり1ページ分ずつ割かれていて、その他キャスト、制作スタッフのプロフィール及びコメントは20名で4ページ分。作品の規模の大きさが感じられる。

そして、本作のパンフレットで一番嬉しかったのは映画ライター、宇宙物理学者、生物学者などこの作品に関わる分野の専門家による非常に濃い解説。一週間経とうとしている今でも、消化しきれていない。(作品テーマの複雑さ故に、もしかしたらずっと理解できないことなのかも知れないがそれもまた良い)

このように充実の内容で、パンフレットにありがちな関連グッズの販売をする通販の案内など広告の類いは一切無し。

これから先、この『インターステラー』について語る様々な媒体が登場すると思うが、このパンフレットこそ『インターステラー』の完全保存版の資料になると思う。