Yaitako.blog

日々のメモ

11月16日(日)

日立製作所中央研究所へ行った。

厳密には研究所内にある森へ行った。

東京都国分寺市にある日立製作所中央研究所。ここには創業当時からずっとある手付かずの自然が存在している。創業者の小平浪平氏の「よい立ち木は切らずに、よけて建てよ」という言葉に従い守られてきた森があるのだ。

そしてこの日は、年に2回だけある特別公開日で大勢の人が訪れていた。自分もそのうちの一人

基本的には自然の中で感じた感動は身を以てでしか感じることはできないけれども、それでも思い出を形として残しておきたいと思ってiPhoneでたくさん写真を撮った。

インスタグラムに一部加工してアップしたけど、基本的には対象物がよかったので加工なしでも十分な写真が撮れた。

インスタグラムとブログの連携の確認も込めてインスタ上の写真を載せていく。


正門 自然を見に来たので、公園的な作りになっているのかと思ったら、ここはあくまで日立の研究所。門を進んだところの掲示板には「学会の案内」や「ノー残業デー」といった文面が並んでいた。


鬱蒼と茂る木々


まだらになっている紅葉が綺麗


ベニシダレ ここ数日の寒さを思うと2週間前にこんな綺麗な紅葉をみれたと思えない。


鯉がたくさんいた


オオモミジ 


こちらもオオモミジ。まだ、秋になったばかりくらいで紅葉はピークではなかった。


木洩れ陽が気持ちよかった。基本的に木々の配置は整っていない手つかずの自然


竹林は工夫しないと全貌を写真に収めることができない。


この日のベストショット iPhone6で接写撮影は難しかった。加工なしです!


水面は穏やかで辺のところで読書している人もいた。


時間が経つにつれて日の差し込み方も変わっていく。ぼちぼち帰ろう



次の公開日は春に予定されている。秋に見るのとはまた違った自然を味わえたらいいな。

構内の自然:中央研究所の概要:研究開発:日立

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット