Yaitako.blog

日々のメモ

インターステラーを見た。
素晴らしかった。基本的にやっていることは「地球を救うべく宇宙へ飛び出て…」っていうアルマゲドン的な内容なんだけども、スケール感が凄まじい。

「五次元空間」やら「ワームホール」やらの難しい概念が出てきて、専門用語でうやむやにされるわけではなく、筋書きの素晴らしさと共存している。3時間近い超大作だけれども、その長さには意味がある。「こんな感じで終わりか」と思ってから裏切りが待っていた。

そして作品中で3回ほど涙腺が緩んだ。見る前は「ハリウッドの壮大なSFの何かだろう」とか思っていたものだから、これは思ってもみなかった。

そのうち、この作品を見た友人と「あのシーンってどういうこと?」という熱い議論をしてみたい。
それだけ、深い作品だった。


10時上映開始だったのが、見終わって劇場を出るともう昼過ぎ。日差しの強さが変わっていた。
それはまるで作品の中で描かれていたような「ウラシマ効果」のような感覚を身を持って体験したようにも思えて、それもまた長い作品であったことでもたらされる効果だと思う。



ちなみにIMAXシアターがあるところをわざわざ探して行った。場所は「成田HUMAX」。
どうやらここは日本最大サイズのIMAXスクリーンを誇るようで、朝一番の上映回だったにも関わらず多くの人がIMAX上映回を待っていた。(中にはフライング気味にIMAXスクリーンのエントランスに入ってしまう人もいたような…?)

朝一番の上映回を狙ったおかげで、この劇場でやっていたキャンペーンのポスター配布ももらえてよかった。
部屋に飾ろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック